MENU

誰かに相談しにくい…下の毛のかゆみやチクチクを解決するクリームがあります!

ふだんは隠れている部分だから気を抜いているけど、いざ露出するとなるとどうすれば良いのか分からない…
下の毛の悩みは、正しいのか間違っているのか分かりにくく、誰にも相談できないデリケートな問題でもあります。

 

堂々と
「下の毛のあたりがかゆい」
「下の毛の処理方法が原因なのかチクチクして痛い」

などと言えないですよね。
下の毛の悩みはいくつかありますが、そのすべてを解決してくれるトリートメントがあるんです!
下の毛の悩みを解決する「さらふわ」で彼氏や友人の前でも堂々と出来るようになりましょう。

 

ところでVIOって何?よく聞くアンダーヘアの用語を知ろう

アンダーヘアの脱毛や手入れにおいて
「Vライン」「Iライン」「Oライン」とよく言われますが、
これって何だか分かりますか?
アンダーヘアって、前から見た部分を主に処理するだけと思っていたら、どうやらそうでもないようなんです。

 

Vラインとは

一番分かりやすく、前から見た下の毛で、Vは女性の股間をイメージしていますね。
ビキニにしてもショーツにしても、はみ出す危険が一番ある部分になります。
女性ならこの部分だけでもしっかり手入れしておきたいですね。

 

Iラインとは

これは下から見た部分と言いますか、女性器の周辺の下の毛を指すようです。
ここは自己処理は難しく、かなりデリケートです。
しかし、生理の時の蒸れ・嫌な臭い・ナプキンかぶれを軽減するため、
見た目と言うより日常の快適さのために処理するのはとてもおすすめでもあります。

 

Oラインとは

私はこのOラインは知りませんでした。肛門周辺の毛だそうで、Iラインよりさらに自己処理が難しいと考えられます。
毛が少ない場合も多く、またなかなか人に見られませんから気にしない人も多いようですが、
毛量が多い人もまれにいるようなので要チェックでもあります。

 

VIO、どのラインも脱毛の必要性はあるようですね。
しかしラインによっては処理が困難だったり、かゆみやチクチクの肌トラブルが起こりやすいのが悩みでもあります。
このデリケートなVIOラインのトラブルに強い味方となってくれるクリームをご紹介しますので是非毎日のお手入れに使用してみて下さいね。

下の毛のかゆみやチクチクを「さらふわ」で劇的に改善!

下の毛は処理するとどうしてもトラブルになりやすいです。だからと言って、放っておくのも違いますね。
水着からどうしても出る部分以外は出来るだけ剃らずに・抜かずにトラブル回避したい人におすすめの商品が「さらふわ」。
また必要があって処理しても、さらふわでケアすれば下の毛や肌に優しく、
せっかく処理したのにかゆい・チクチクして痛いと言うことにならずに済むのです!

 

下の毛だってケアを!ヘアトリートメント成分配合

さらふわにはシリコンやコンディショニング成分が配合されています。
シリコンは下の毛を一本一本コーティングし、保護します。
コンディショニング成分との相乗効果で文字通り「さらふわ」な下の毛を実現させてくれるのです。
下の毛の処理後は、どうしてもゴワゴワしがち。下の毛でも髪の毛と同じようにケアがいるんですね。

 

アンダーも健康に・毛穴を引き締める!

肌トラブルは下の毛の周辺でも起こり得ることです。
乾燥したりして毛穴が開いた状態だと角栓が詰まりやすくなり、詰まった角栓が原因で黒ずんだりと散々です。

 

肌トラブルが続くとかゆい状態が続いたりしますので、顔の毛穴同様引き締めることが必要なんですね。
引締めや保湿効果のレモンエキス・美肌再生効果のユズエキス・肌のキメを整えるペパーミントエキスなどを配合しているので
毛穴をしっかり引き締め、下の毛周辺の肌の健康を守ってくれるのです。

 

乾燥は大敵!保湿成分が優れている

乾燥していると、肌がかゆい状態になりやすく不愉快ですよね。
かゆいと掻きたくなりますが、下の毛だけに掻くと格好が悪いです。そして掻くとさらにかゆい状態が増すのも悪循環で最悪です。
さらふわは、ハンドクリームで有名なブランド・ロクシタンでも採用されているような優れた保湿成分シアバターを配合しています。

 

シアバターはアフリカ大陸に生息する木から採れる植物性油脂のことですが、
古来アフリカの人々が火傷の緩和に利用したり、赤ちゃんの乾燥肌対策にも頻繁に利用した保湿力の高い美容成分とされています。
たかが下の毛・されど下の毛。シアバターが配合されている贅沢なトリートメントで、下の毛の処理後のトラブルを防止するのですね。

 

肌がすべすべに!アンダーにもエイジングケア

ぬか漬けをする奥様は良妻だと言うイメージです。
もちろん家事炊事をきちんとこなしていることもそうですが、ぬか漬けをする女性は手肌がとても美しいのです。
ぬか漬けにもあるライスオイルは、肌を柔らかくするオレイン酸・シワ予防にも効果的で保湿力が抜群のリノール酸が豊富に含まれているからなんです。

 

さらふわには、このライスオイルも含まれていて肌トラブルの大きな原因になりかねない乾燥から肌を守ります。
下の毛周辺の肌にまで、こんな優秀なオイルが使用されているのですね。

 

刺激が少ない!防腐剤・着色料フリー

肌ざわりを良くすることにだけ執着して、肝心の安全性を無視している商品では意味がありませんね。
何度も言いますが、下の毛周辺の肌は非常にデリケートなんです。
さらふわは、防腐剤や着色料などの刺激の強いものは全く使用していないので、肌への負担が非常に少ないのです。

 

これが結構気になる…下の毛周辺のニオイケア

下の毛の処理などで気になるのは肌トラブルだけではありません。
結構気になるのがニオイですね。鼻から遠い位置にありますし、臭いがあっても普通なのか異常なのかよくわからないものです。
下の毛周辺のニオイケア商品は他にもありますが、さらふわのように、下の毛・下の毛周辺の肌のケアとともに「ニオイ対策」までしている商品はあまりありません。
さらふわに配合されているシャクヤクやシソのエキスは、消臭効果があるのでニオイの心配もなくなるんですね。

 

香りに癒される?ローズの香りが大人っぽい

人間は、くさいニオイは苦痛ですし、良い香りはリラックスできますよね。アロマテラピーは不動の人気ですが、私もラベンダーの香りはどんな時でも癒されます。さらふわは、ローズの優雅で高級感あふれる香りがお風呂に広がり、非常に癒されるのだとか!
そう言えば、ハンドクリームやシャンプー、化粧品にもローズの香りは多数採用されていますね。ストレスや緊張を和らげる効果があるようですから、忙しい主婦やOLのバスタイムに持って来いなんですよ。

 

下の毛専用の商品だから・プライバシー徹底配慮が嬉しい

いかにも下の毛専用の容器だと、一人暮らしでもない限り使いにくいですね。
パッケージデザインは、シンプルにオシャレ感もありますし、アンダーヘアの文言もないですから気づかれにくくなっています。
お届け時も中身が分からないように梱包されて送られてくるのでプライバシー徹底配慮が施され、
非常に使いやすくありがたい商品なんですよ。

 

下の毛の処理やケアは、しなくてはならないものです。
しかし下の毛の処理やケアをしている感じを出したくないのですよね。
女性の心理を分かってくれているのが、このさらふわなんです。

 

やっぱりこれ!口コミが良いから信頼できる

さらふわが人気なのは、ズバリ口コミが良いからです。

  • 「毛量が多くてボリュームが悩みでしたが、しっとりおさまった」
  • 「毛質が柔らかくゴワゴワ感がなくなった」
  • 「ボリュームがあって広がるのを気にしてカットしていたらチクチクして困っていた。さらふわで落ち着いてきたので良かった」
  • 「パッケージデザインが可愛くて家族は髪のトリートメントだと思っているよう」

など、効果や使いやすさを感じているリピーターが本当に多い!
これだけ成分や品質にこだわりぬいているわけですから当然かもしれませんね。

さらふわは簡単!使い方の流れとは

これだけ結果を出しているのだから、さぞ使い方も面倒なのでは?と思いませんか。
まず、髪の毛同様、洗浄後の毛髪に適量、さらふわをなじませます。
2〜3分ほどパックして、ぬるま湯で流しましょう。
これだけですが、さらになじませるためにコームでとかす方法もあるようです。
今までの悩みが一気に解消される割に、超簡単ですよね。

 

従来の脱毛方法とトラブルの内容とは

下の毛の処理でトラブルになったことがない!なんてあまりないでしょうね。
そう言えば、アラフォー世代の私が中学生のころ、脇や手足の毛の処理でポピュラーなのはカミソリやピンセットでした。
脇なんてカミソリ負けで色素沈着で余計に汚くなってしまい出来るだけ処理を頻繁にしないようにしていたのを覚えています。

 

みんなが経験済みの脱毛方法で、どんなトラブルになりやすいのでしょう。

 

カミソリやシェーバー

カミソリで肌を傷つけてしまった後に細菌が侵入すると炎症を起こして赤い発疹を起こすことがあります。
これは毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれ、脱毛トラブルの代表的なものですね。
また、カミソリなどの刺激や摩擦によって、肌を守ろうとメラニン色素を多く生成してしまい黒ずんでしまうことも。
私が脇毛の処理でトラブルになったのもこれですね。
下の毛の処理でカミソリを使用するのは怖そうです。

 

ピンセット

ピンセットで抜く人も昔から多いですよね。剃るよりも深く脱毛出来る気もしますし、肌を痛めないイメージもあるからかもしれません。
でもピンセットで抜くと、その刺激から今度は守ろうと毛穴が膜を張る状態になってしまうそう。
こうなると毛が外に出ることが出来ず「埋没毛」となって毛穴の中で丸まってしまうのです。

 

また、ピンセットでは毛根を割ってしまったりもするため、1つの毛穴から2本など数本生えている状態に陥ることもあります。
私は、この2つとも実際経験があるんです。こういうことだったんですね!
下の毛周辺の肌はもっとデリケートですし、ピンセットは使いにくいので下の毛の処理には向いていませんね。

 

脱毛クリームやワックス

脱毛クリームやワックスは、一気に毛の処理が出来るため非常に便利で、20〜30年前は画期的に感じていたような気がします。
でも肌荒れも尋常では無くてすぐやめましたね。脱毛クリームやワックスは、
そのもの自体が問題と言うより、その後の処理方法が問題のようです。

 

毛穴を開いて一気に毛の処理をするので、毛穴を閉じ、ダメージを受けた肌に保湿剤をするのを忘れてはいけないのです。
毛穴が開いたままでは、そこから細菌が侵入したり炎症を起こしたりするのです。
毛の処理が出来たとしても、その後かゆいなどのトラブルばかりでは意味がありませんね。

 

家庭用脱毛機器

家庭用脱毛器で昔挟み込んで抜き取るタイプを購入したことがありましたが、涙が出るほど痛くて血も出てそれっきりになったことがあります。
この種類は使いこなすのは至難の業のようで、使用している人も非常にまれです。
最近では光脱毛やレーザー脱毛の家庭用脱毛器があるようですが、こちらも設定を間違えると肌に火傷を負わせることになるようです。
便利な気もしますが、脱毛機器は使いこなせないと最悪な結果になってしまうようですね。
手足でもこれですから下の毛の処理には使用しないほうが良さそうです。

 

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは最近人気の脱毛ワックスで、薄くワックスを塗った後、専用の布を上から当てて乾かし一気に剥がす方法です。
毛の処理を毛根から一気にすると言う点が人気の理由なのだそう。

 

しかし、一気にできるがゆえ肌の負担も大きく毛穴が開いたままになってしまう恐れもあります。
通常の脱毛ワックスよりは刺激は少ないようですが、敏感肌の人にはあまり向かないと覚えておいた方が良さそうです。
ただでさえ敏感な下の毛周辺には使用しないでくださいね。

 

ヒートカッター

熱線で毛を焼き、長さを調節するヒートカッター。そもそも長さを調節する道具ですから毛根からは脱毛できません。
毛を焼くことで焦げ臭いなどの不快感はありますが、下の毛ではVライン辺りの長さを短く処理して、
水着などからはみ出さないようにするにはとても良い道具ではありますね。
使用方法が脱毛ではないので、処理後にかゆいなどのトラブルになることはありません。

脱毛方法を失敗してトラブルになるのはなぜ?

ご紹介した脱毛方法や処理方法では「肌への負担」「毛穴の開き」などによりトラブルが避けられないようです。
そうは言っても脱毛しないわけにはいかないことも多いですよね。

 

「臭う!」「かゆい!」「黒ずんだ!」などのトラブルでは、どんなことが肌で起きているのでしょうか。

 

毛穴に皮脂や汚れが溜まって臭う!

脱毛のトラブルで毛穴が開いたままになってしまうことがあるとご説明しましたね。
毛穴が開いたままになると皮脂や汚れが溜まりやすくなり、その上皮脂などをエサにして雑菌が繁殖してしまうのです。
顔周りの毛穴の臭いは、さほど気になりませんが、これが下の毛の処理の時に起こってしまうと最悪ですよね。
かゆいどころではなく、くさいと周囲の人まで迷惑ですから何とかしないといけません。

 

毛穴や汗腺に刺激!乾燥や炎症でかゆみが出る

毛穴の開きは乾燥や刺激で起こります。
また毛穴の開きが原因で水分を無駄に出して乾燥させたり、雑菌の侵入で炎症を起こしたりとかゆい原因をたくさん作ってしまうのです。

 

毛穴や汗腺を何らかの刺激で開かせてしまい、開いた毛穴が原因でトラブルになる。
これでは負の連鎖が止まりません。

 

無駄に刺激したりするのは最初から避けたいところです。

デリケートゾーンはどんな時にトラブルになりやすいのだろう

間違った脱毛方法などでトラブルになることがあるのは分かりましたが、
そもそもデリケートゾーンを含めた肌のトラブルには「トラブルになりやすい時期」があるんです。
日々体調が違うように、肌の状態も違うわけですね。デリケートゾーンは特に敏感ですから、この時期は避けたいものです。

 

生理の時

女性は特に女性ホルモンのバランスが大事で、体調はもちろん心の安定にも多大なる影響があります。生理前約1週間は、黄体ホルモンの関係で皮脂が出やすいのだそう。皮脂汚れが溜まりやすい時期ですから皮脂が大好物の雑菌がつかないよう注意したいですね。
生理が開始されたら、今度は黄体ホルモンの減少に伴い、肌が乾燥しやすくなります。保湿対策をしておきたいですね。
とにかく生理中は肌が敏感になると言われています。デリケートゾーンはもともと敏感なのですから、さらにケアが必要になるのですね。

 

ホルモンバランスが乱れている時

生理の時もそうでしたが、妊娠や授乳中もホルモンバランスが安定しません。
妊娠している時は本当に肌トラブルに悩まされたものです。見たこともないシミが顔中に出来たり、手足にかゆみで炎症を起こしたりと大変でした。
また男性ホルモンが多くなると肌の角質化が進み、ニキビにも悩まされます。どのホルモンも体には必要ですが、バランスが大事なのでしょうね。

 

ストレスが溜まっている時

皆さんはストレスを溜めていませんか?ストレス社会なんて言うだけあって、ストレスフリーな人の方が少ないのではないでしょうか。
かく言う私もストレスが人より多いです。性格もあるんでしょうね。

 

ストレスがあると、自律神経のバランスが大きく崩れます。
そもそも自律神経は活動をするための交感神経と、休息のための副交感神経で成り立っています。
ホルモンバランスが崩れることで皮脂が過剰分泌されてしまったり、肌がデリケートな状態になってトラブルを起こしやすくなってしまうのです。
ストレスを無くすのは無理ですから、ストレス解消法を見つけておきましょう。

デリケートゾーン専用のかゆみの薬とは

そうは言っても「かゆい!」となってしまうことってありますよね。
下の毛の処理後にかゆい現象が起こっても、手足のかゆみ止めと一緒にしてしまうと余計トラブルに見舞われます。
「かゆい!でも掻けない、対処も出来ない」では困るだけです。
こんな時はデリケートゾーン専用のかゆみの薬を利用してみましょう。

 

フェミニーナ軟膏

小林製薬から販売されている人気商品「フェミニーナ軟膏」は、しつこいかゆみ・炎症を抑え、雑菌の発生を防いでくれる上に低刺激なところが人気です。
「かゆい時に塗ると即効性があってすぐ効果が出る」「脱毛後にかゆい現象を予防するために先に塗ると良い」「低刺激だからかしみない」など、
下の毛周辺のかゆい時の対処法として活躍しているようです。

 

メンソレータム フレディメディカルクリーム

ロート製薬から販売されている人気シリーズメンソレータムの「フレディ メディカルクリーム」です。かゆみ・かぶれに効果があり、
デリケートな下の毛周辺の肌をいたわる「弱酸性・非ステロイド」処方になっています。さらさらパウダーを配合していて、べたつかないと評判です。

 

「清涼感でスッキリする」「メンソレータムのスーッとした感じで、
デリケートゾーン以外にも顔などかゆいと思っても掻きにくいところに活躍している」と
メンソレータム独特の使い心地にはまる人も多いようですね。

 

デリケア

ムヒで有名な池田模範堂が販売している「デリケア」も人気商品です。
「肌本来が持っている生理機能を援護する」という斬新な発想で、かゆい箇所を「すばやく」「しっかり」「優しく」ケアしてくれるのだそう。
商品名のとおりデリケートゾーンのケアにピッタリですね。
「とにかく効き目が早くて1分後にはおさまった」「友人から勧められた」など、口コミで人気を広めているようです。

レーザー脱毛はどうなんだろう

下の毛の処理でレーザー脱毛などをクリニックで受ける女性も多いですね。便利ですし確実なのが良いところでもあります。
しかし、下の毛を見せないといけないのでメンタル的にも負担がありますし、金額もクリニックによりますが5〜6万円と高額です。
また、一度では処理できないため何度もクリニックに行かなければなりませんから、時間とお金のある人でしかできませんね。

 

社会人ならともかく、費用の捻出が難しい中学生や高校生には、なかなか出来ません。
さらふわのような低価格で毛穴や肌のトラブルが起こらないケア方法でカバーしたいところです。

さらふわで下の毛のかゆみやチクチクを改善しよう!

下の毛の処理って難しい上に相談しにくいんですよね。
「間違っていたら恥ずかしい」「下の毛の辺りがかゆいなんて言えない」と思うがゆえ、チクチクしても我慢してしまったり。
処理方法はどれも肌トラブルになる可能性はありますし、誰でも脱毛クリニックに行けるわけでもありません。処理した時は良いですが、生えかけの状態が一番見られたくないこともありますね。
さらふわなら処理しなくても済む場合もありますし、処理後でも髪質を和らげチクチク感を抑えることも出来ます。
便利で使いやすい「さらふわ」。デリケートゾーンの悩み全般に寄り添ってくれる強い味方です。是非活用してくださいね。

まとめ

下の毛が生えるのは小学校高学年くらいからでしょうか。なんとなく親にも相談しにくく自分で悩んで過ごしてしまう人も多いと思います。
また、思春期になれば水着や下着から毛が出ないか心配にもなりますね。
親になれば、子供にどう教えて良いのか分からなくなることもあるでしょう。

 

さらふわなら、年齢や生活状況を気にせずデリケートゾーンのケアが出来ますから、使用する側も教える側も簡単快適です。
さらふわで不快な症状や、脱毛トラブルを防ぎ、快適な日常を送ってほしいと思い記事を作成しました。

更新履歴